牛久成田山真浄寺の厄除けのご祈祷、ご祈願についてご紹介するページです

お問い合わせ 029-871-3210 info@fresh8.net

TOPページへ

厄除け,厄払い車の祈願

丁寧に、心を込めてご祈祷いたします。
随時お受け付けしております。


厄除け祈願料は、「お気持ち円」です。




厄除け,厄払い,祈願,祈祷,お祓い


一般的に厄除け厄払いはお正月から節分までの間に済ませるのがよいとされています。

お祓いを受ける場所としては神社やお寺などがあげられます。

神社であれば住んでいる地域の鎮守様や代々信仰している神社で、祈願、祈祷を受け付けているところを選ぶと良いでしょう。

お寺を選ぶのであれば、代々信仰している宗派のお寺です。

どちらであっても通える近さの場所に依頼するのが基本ですが、しっかりと気持ちを込めれば、それで十分だといえます。

お祓いを受ける場合には、できる限り午前中や日中の日が高いうちに受けるのがお勧めです。

基本的には正装で訪れ、神社の場合には特に昇殿参拝となるため失礼のないようにしたいところです。

着物や礼服、黒の背広やスーツなどが望ましいでしょう。

また下着や靴下なども白色や新しいものを選ぶ必要があります。

ジーンズやサンダルなどのカジュアルな服装は避け、お札を持ち帰る必要があるため、手提げなどを準備しておくと便利です。

前厄や本厄、後厄などがありますが、すべての時に厄除け厄払いをした方がよいのかと迷うところです。

正式とされているものは3年間の厄除け厄払いを受けたうえで、あけた年の正月にお礼まいりをするのが一般的となっています。

お札はお祓いを受けた神社やお寺に返却することになりますが、引っ越しなどをして遠方になってしまい納めることができないのであれば、神社で受けたお札は神社に返却し、お寺で受けたものをお寺に納めるようにしましょう。

厄年は長い人生の中でも、体調の変わり目の年や、地域や家族での役割の変わり目の年でもあります。

厄除けを受ける意味は、大きな災いを小さなものに、小さな災いを無いものにと気を抜かないようにして、無事にその年を乗り切れるようにと心を引き締めるためのものでもあります。

神や仏の加護を受けたうえで、健やかにその年を乗り切れるようにと、厄年にあたる場合には厄除け厄払いをうけることが望まれます。




厄払い,厄除け祈願,厄払い,厄除け祈祷

厄払い,厄除け




厄とは、災難という意味。

厄除けとは、災難を避ける、除けること。

厄落としと呼ぶこともある。

日々、安泰に過ごすため、厄を除ける。

厄払い,厄除け祈願をすることが多く行われる。

厄払い,厄除け祈願は、厄年に行われることが多い。

厄は、厄年以外の年にも、日々発生する「日常厄」 を避けるため、厄除けとなるお守りを身に付けるか、 またはこまめに厄除けをするため、厄除け祈願、厄払 いをする方法もある。

日常厄は、日々積もる厄であるため、厄年に限らない。

厄払い 厄除けの時期は、決まっていない。

厄払い 厄除けの時期は、元旦から節分までに行う場合 が多い。

p>しかし、厄祓いの時期は、必ずしもこの時期でなければ ならないというものではない。

厄年を無事に過ごすための祈願に時期が遅すぎるという ことはない。

厄払い 厄除け祈願のご利益は、厄を近づけないこと、 厄を祓い落とすことにある。

厄を、仏様が身代わりとなって背負ってくれるお守りもある。

厄年にあたる年は、体力の低下・病気発症・環境変化等、 健康管理の面で注意を要する年である。

厄年の前の1年は、厄の前兆が現れる年である。

前厄という。

厄年の後の1年は、厄の余韻が残る年である。

後厄という。

本厄とともに、気をつけて生活しなければならない年である。

厄払い,厄除け祈願をすることで、厄年の無事と運気を最大限 に開花させることに期待が持てる。

厄払い 厄除け祈願をすることで、不安をうすめ気持ちがや わらぎ、心にゆとりがでる。

厄年は、病気にかかったり、思わぬ災難にあったりする良く ない年回りとされているため、安心とゆとりを得るために、厄払 い厄除けを行いましょう。

男の厄年は、数え年で25歳・42歳・61歳。 女の厄年は、 数え年で19歳・33歳・61歳。

この時期は、日々の生活に気を付けるべきであるといわれる。

厄年といわれる人生の節目の時にこそ、今までの生活、人生 を振り返り見直す良い機会である。

厄年にどのような状況が発生しても、それとしっかりと向き合 うことが大切です。

不動明王は、その大いなる慈悲により、あらゆる災難を取り払 い、身代わりとなって守ってくださいます。

厄年は、一生の中で、健康や社会的地位などの転機として、災

難に遭遇する恐れの多い時期といわれています。

日々、心身を清め、万事において、慎んで生活しなければなりま せん。

厄年を迎えたら、厄払い 厄除け祈願をし、清らかな心と健康な 身体で、充実した生活を送りましょう。

真言宗 牛久成田山 真浄寺

住所:〒300-1211 茨城県牛久市柏田町3260-15 電話番号:029-871-3210

交通安全の祈願,祈祷は、原則として日曜日となります。日曜日以外の土曜日、祝日についてはお問い合わせください。電話は、毎日受付ています。

住所

〒300-1211 茨城県牛久市柏田町3260-15
(茨城トヨタ自動車牛久店の向かい側です。)

電話番号029-871-3210

牛久成田山 真浄寺からのお知らせ

  • [お知らせ]

    人形供養、遺品、仏壇、写真、仏像、形見、その他の物の魂抜き供養は、ご都合の良いときにお越しいただき、境内の人形保管庫に入れておいていただければ、本堂において、供養をいたします。詳しくはお問い合わせください。

  • [お知らせ]

    縁切り稲荷、薬師如来、愛染明王のそばにある、縁切りわら人形、祈願木等は、ご自由にご利用ください。

  • [お知らせ]

    「茨城の怖い話(著者:寺井広樹,一銀海生)」という本に、|牛久縁切り稲荷|についての話が、掲載されました。

電話番号:029-871-3210
メール:info@fresh8.net

住所:茨城県牛久市柏田町3260-15
茨城トヨタ自動車牛久店の道路をはさんで向かい側


継続は力なり!
祈りつづける人、信じつづける人に必ず霊験あり!

仏教用語

page topへ

交通安全祈願の牛久成田山真浄寺
自動車交通安全祈願の牛久成田山真浄寺
取手市,つくば市,土浦市,牛久市,龍ケ崎市,龍ヶ崎市,石岡市,守谷市, 阿見町,つくばみらい市,水戸市,柏市,我孫子市,かすみがうら市,稲敷市,小美玉市,神栖市,行方市,河内町,美浦村,坂東市,桜川市,下妻市,笠間市,鹿嶋市,潮来市,鉾田市,結城市,北相馬郡,利根町,古河市,筑西市,常総市 。
交通安全祈願のお寺は、牛久成田山真浄寺
【茨城県】
取手市,つくば市,土浦市,牛久市,龍ケ崎市,龍ヶ崎市,石岡市,守谷市, 阿見町,つくばみらい市,水戸市,柏市,我孫子市,かすみがうら市,稲敷市,小美玉市,神栖市,行方市,河内町,美浦村,坂東市,桜川市,下妻市,笠間市,鹿嶋市,潮来市,鉾田市,結城市,北相馬郡,利根町,古河市,筑西市,常総市
【全国からどうぞ】
北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県 ,札幌市,青森市,盛岡市,仙台市,秋田市,山形市,福島市,水戸市,宇都宮市,前橋市,さいたま市,千葉市,横浜市,新潟市,富山市,金沢市,福井市,甲府市,長野市,岐阜市,静岡市,名古屋市,津市,大津市,京都市,大阪市,神戸市,奈良市,和歌山市,鳥取市,松江市,岡山市,広島市,山口市,徳島市 ,高松市,松山市,高知市,福岡市,佐賀市,長崎市,熊本市,大分市,宮崎市,鹿児島市,那覇市
【【千葉県】
船橋市、鎌ヶ谷市、柏市、千葉市、市川市、松戸市、流山市、浦安市、習志野市、八千代市、我孫子市、成田市、佐倉市、市原市、東金市、山武郡
【東京都】
|足立区| 荒川区| 板橋区| 江戸川区| 大田区| 葛飾区| 北区| 江東区| 品川区| 渋谷区| 新宿区| 杉並区| 墨田区| 世田谷区| 台東区| 中央区| 千代田区| 豊島区| 中野区| 練馬区| 文京区| 港区| 目黒区|町田市|八王子市
【埼玉県】
越谷市、草加市、春日部市、さいたま市、川口市、川越市、所沢市
【神奈川県】
川崎市、横浜市、鎌倉市、藤沢市