毘沙門天、四天王、上杉謙信、毘沙門堂|茨城|東京|神奈川|埼玉|千葉|栃木|群馬|関東、関西、東北、北海道、九州、全国一円からどうぞ。牛久市,取手市,龍ケ崎市,龍ヶ崎市,土浦市,阿見,つくば市,茨城県,茨城県南の毘沙門天は、茨城県牛久市の真浄寺へご依頼ください


TOPページへ


毘沙門天の祈願は、茨城県牛久市にある牛久成田山真浄寺へ。

電話でのお問い合わせは029-871-3210

〒300-1211 茨城県牛久市柏田町3260?15

毘沙門堂、毘沙門天のご参拝は、真言密教 牛久成田山真浄寺 へ

上杉謙信の信仰した毘沙門天。毘沙門堂にご参拝ください

■毘沙門天
|毘沙門天|
仏教における天部の一尊。 十二神将の一尊。 天部の仏様の中でも四天王と呼ばれる。 毘沙門天は、四天王としては、多聞天と言われる。 常に、仏法を重んじ、仏法を良く聞くといところから、多聞天と呼ばれる。 毘沙門天は、帝釈天の配下にあり、夜叉、羅刹を眷属とする。 独尊のときは、主に、毘沙門天と呼ばれる。 毘沙門天は、須弥山の北面を守る天部の仏様。 四天王とは、多聞天、持国天、増長天、広目天の四尊。 日本では、独尊で祀られることが多いため、多聞天と呼ばれるより、毘沙門天と呼ばれることが多い。 日本では、毘沙門天信仰があり、特に上杉謙信が厚く信仰した泥足毘沙門天は有名。 七福神の一尊として、財宝富貴をも守るといわれることから、福徳をご利益とすることで知られる。 毘沙門天は、戦闘的イメージもあり、そのご利益を願い、武士の間に広く信仰された。 日本では、四天王という四尊一組を信仰するのではなく、このうち毘沙門天だけを信仰することが多い。 毘沙門天の仏像は、菩薩や如来のような姿ではなく、中国の武士の姿が通常であり、日本人のイメージする仏像の姿とは、かけ離れている。 元はインドの古い神様。 インドでは、財宝を与えてくれる福徳神とされた。 中国に伝わると戦う武士として、戦闘的イメージが生まれ、武神としての信仰対象の尊となった。 四天王の一武神となった。 毘沙門天の仏像は、中国の武士の姿で、甲冑を身に着け、憤怒の形相で、左手に宝塔を持ち、右手に宝棒を持つ。 そした足元には、小さい鬼を二鬼踏みつけ、押さえている。



☆毘沙門天は、仏説毘沙門天王功徳経には、毘沙門天のご利益が書かれています。
毘沙門天は、ご利益、霊験あらたかな神様です。